草野 大悟 Daigo Kusano

出身・所属

株式会社パテントインベストメント

メッセージ

アイデアや創作物などの知的財産を生み出し、保護・活用することで、多大な利益を得ることが出来ます。しかし、日本のスタートアップ・ベンチャー企業の多くは知的財産の重要性に気付いていない、あるいは知的財産を十分に活用出来ていません。
例えば、資金や設備などの経営資源が少ないスタートアップ・ベンチャー企業であっても、特許などを武器に大企業と対等以上に渡り合うことも可能となります。
そのため、私は発明などの知的財産をいかに発掘し、それを保護・活用するかを考え、支援することに全力を捧げています。

経歴(主要なもの)

2013年に上智大学大学院を卒業して富士ゼロックス株式会社に入社し、ソフト・メカ・化学の様々な分野の特許業務(調査・出願・戦略立案等)を経験。
2016年に独立し株式会社パテントインベストメントを設立。
現在、知財コンサルおよび災害・救助要請用ドローンの開発を行っている。
2019年にSeven Rich法律事務所に参画。

その他の経歴

著書・執筆